駐車場運営の一括借上方式のメリット

駐車場運営の一括借上方式のメリット

駐車場運営に興味があるけれど自力で行うのが難しいといった場合には、駐車場運営会社に一括借上方式で貸し出す方法があります。
自分を持っている土地を企業にそのまま貸し出し駐車場運営を行ってもらう方法で、管理やメンテナンスなどの運営はすべて企業が行うことになります。
駐車場をスタートさせるためには土地の整備や機材の設置なども必要ですが、これらもすべて企業側が行うことになり、オーナーはランニングコストやイニシャルコストをかけずに駐車場の運営が可能です。
手間をかけずに毎月賃料として駐車場の代金を受け取ることができるため、オーナーにとってはメリットが多い方法と言えるでしょう。
主にコインパーキングの運営でよく見られる方式で、ローコストでありながらリターンを得られるなどの理由から人気となっています。
コストをかけずに駐車場運営を始めることができる、手間をかけることなく賃料をもらえる、毎月安定した収入になるなどメリットが多い方法となっています。

始めやすそうな駐車場運営にも意外なデメリットが

駐車場運営を行う上で気をつけておきたいのが、デメリットもあるということです。
必ずしも良いことばかりではないので、どのような点が不利であるのかしっかりと理解した上で駐車場運営に乗り出すようにしてください。
まずよく言われるのが、立地によって収入が大きく変わることです。
例えば商業施設の利用客などを当て込んで運営する場合、施設から駐車場までの距離が重要な要素となります。
遠くなればなるほど利用者は減ってしまうため、採算が取れるかどうか十分に考える必要があります。
収益額がそれほど多くないこともあまり知られていません。
ビルやアパートのように建物を用意する必要がないため、初期投資は非常に少ない金額で済ませることができます。
その一方で一回の利用者からの収入はどうしても少なくなってしまいますから、かなりの高回転で回す必要があると言えるでしょう。
他にも更地であるため税制上の優遇措置が限られているなど、いくつかのデメリットが考えられます。

筆者:木津功

筆者プロフィール

奈良県御所市生まれ。
駐車場運営をしてわかったことを記事にまとめました。